医療法人医誠会 病院ケアスタッフ募集サイト

介護職員初任者研修講座について

城東中央病院 看護部 神谷 京子

当法人の介護職員初任者研修は、導入後2年間で45 名の方が資格を取得しています。

最初は、介護職員初任者研修で何が学べるかも、良くわかっていませんでした。ケアスタッフのプロフェッショナルを目指す、最初のステップと聞いて受講を決めました。

「実務者研修」「介護福祉士」同じ目標を持つグループ内同職種の仲間が出来ました。

介護職員初任者研修で6 期の皆さんと最初にお会いした時に、本当に年齢がバラバラで仲良くなっていけるのかな?と思いました。でも、ケアスタッフとしてステップアップして行くことを目指している者同士、同じ方向を見ている方と一緒に進むことで、支え合い、刺激し合い資格取得が出来たと思います。働いている病院・施設は違うけれど、「テキストのここを読んで感動した」「私も、読んだよ!」そういったやり取りの中で、職場の中では言いづらい仕事の悩みなどを相談し合いました。私は全くの新人でしたが、受講者の方には2 ~ 3 年の経験を積んだ方もいて、自身の経験からアドバイスをいただき、「頑張ろう!!」と思えることもありました。
勤務の都合で、一度に全員が集まることは難しいですが、6期のメンバーで月1回集まり、次の資格取得に向けた情報を交換し合っています。

講師は同じグループ職員。知識を得ることで自信が持てるようになりました。

「仕事しながら、勉強するのは大変ですね」と講師の皆さんから声を掛けていただきました。講師の方も、グループの病院・施設で働く職員の方で、皆さんの経験もふまえて講義と実習を行っていただきました。別の講師からは、「あなたたちは、法人に給料をいただいている勤務時間で受講しています。しっかりと聞いてください」と指導を受けたこともありました。背筋が伸びた一瞬でした。実習では、介護を受ける側になり学んだことが印象に残っています。ベッドに寝ると視野が限られます。また、車いすに座った状態で押す人の姿は見えません。介護を受ける方が、声掛なしに体を動かされたり、車いすを移動させられることが、どれだけ怖いかを体験できました。
研修の3 冊のテキストには、ぎっしりと知りたい情報と役に立つ情報が入っています。知識を得ることで、ケアを行っている時の不安や怖さは、自信へと変わります。
このグループでは、介護職の経験のなかった私にも職場・研修等で教育体制がととのっています。経験がない私にとっては教育体制が整っていることが本当にありがたいです。

初任者研修プログラム


開講式・オリエンテーション
(1) 1.多様なサービスの理解
2.介護職の仕事内容や働く現場の理解
(2) 1.人権と尊厳を支える介護
2.自立に向けた介護
3.人権啓発に係る基礎知識
(3) 1.介護職の役割、専門性と多職種との連携
2.介護職の職業倫理 
3.介護における安全の確保とリスクマネジメント
4. 介護職の安全
(4) 1.介護保険制度
2.障がい者総合支援制度及びその他の制度
3.医療との連携とリハビリテーション
(5) 1.介護におけるコミュニケーション
2.介護におけるチームのコミュニケーション
(6) 1.老化に伴うこころとからだの変化と日常
2.高齢者と健康
(7) 1.認知症を取り巻く状況
2.医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理
3. 認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
4.家族への支援
(8) 1.障がいの基礎的理解
2.障がいの医学的側面、生活障がい、心理・行動の特徴、かかわり支援等の基礎的知識
3.家族の心理、かかわり支援の理解
(9) 1.介護の基本的な考え方
2.介護に関するこころのしくみの基礎的理解
3.介護に関するからだのしくみの基礎的理解 1,2
4.生活と家事
5. 快適な居住環境整備と介護
6. 整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
7.移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
8.食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
9.入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
10.排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
11.睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
12.死にゆく人に関連したこころとからだのしくみと終末期介護
13.介護過程の基礎的理解
14.総合生活支援技術 1,2
(10) 1.振り返り
2.就業への備えと研修修了後における実例
修了評価 / 修了式